免許の種類のお話し(一発試験沖縄)

かなり長期間ブログの更新が滞っていました(;'∀') それはそれは長い繁忙期に突入してブログの更新ができずに...

という嘘と言い訳はこの辺にして、ただ単に長期間サボっていただけです。反省。反省。


反省だけならサルでも出来るという事で、反省とブログの再開を宣言します!!



さて、今回のブログ再開第一弾は‼免許の種類のお話です。 皆さん、運転免許はいくつくらい種類があるのかご存じですか?


普通免許、中型、大型、あっバイクもあったな!ん?畑のトラクターがナンバー付けて車道を走ってたな...なんだあれ(;´・ω・)と自分が使用する運転免許以外は知らないことが多いという方がほとんどではないでしょうか?


運転免許の種類を知らずに、自身の持つ免許に当てはまらない自動車を運転すると免許外運転となり、あなたの運転免許は取り消される可能性もあります。


まずは自分の運転免許が何の種類の免許なのかと、条件なども確認することが重要です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ここからが本題です。


①運転免許の区分

・第一種運転免許・・・自動車などを運転するときに必要な免許。一般的な運転免許

・第二種運転免許・・・タクシーなどお客さんから料金を受け取り旅客運送するための免許

・仮運転免許・・・・・練習や試験などのために自動車を運転しようとする場合に必要


運転免許は、上記の3つの区分に分けられます。一般的な運転免許は第一種免許となります。


②運転免許の種類

・大型免許〈21歳以上〉・・・中型、準中型、普通、大型特殊免許を受けて3年以上

・中型免許〈20歳以上〉・・・準中型、普通、大型特殊免許を受けて2年以上

・準中型免許〈18歳以上〉

・普通免許〈18歳以上〉

・大型特殊免許〈18歳以上〉

・大型二輪免許〈18歳以上〉

・普通二輪免許〈16歳以上〉

・小型特殊免許〈16歳以上〉

・原付免許〈16歳以上〉

・けん引免許〈18歳以上〉・・・車両総重量750㎏を超える車をけん引するときに必要


免許の種類は上記の10種類あります。

その中で、大型、中型、普通、大型特殊、けん引免許は第二種運転免許があります。

大型、中型、準中型、普通免許は仮免許があります。



また、運転免許にはその免許を取得すると取得した自動車以外にも運転できるようになる自動車があるので、下記の表を参考に今自身の免許で何が運転できるのか理解してください!


例)大型免許を受けると、中型、準中型、普通、小型特殊、原付も運転できます。


今回のブログは、運転免許の種類についてでした! 次回のブログではその運転免許で運転できる自動車の種類を記事にしていきます(^^) それではまた(^^)/

39回の閲覧0件のコメント